京都は舞鶴より発信 旬の魚をターゲットに、ショアルアーマン時々ミニボーターの三流アングラー的日常記


by tomoya
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

<   2011年 06月 ( 1 )   > この月の画像一覧

未知との遭遇

5月も末

c0218892_16104383.jpg


新規開拓成功せり(゚m゚*)



メバリングダイエットもええんやけど・・・

まぁ確かに釣れるんやけども・・・

やっぱしいっつものポイントってしんどいねん・・・

ここんとこ確実に翌日の仕事にも影響が出始めてるよぉな・・・

このままじゃ~そのうち過労でぶっ倒れるんやないか?

とはいえ・・・

でもでもメバリングはやめられねぇのよねぇ(p・ェ・)p♪



でぇ、そんなメバ狂的イタイ思いから、前から気になってたとある場所へと

もちろんメバルの実績などあるわけもないので、軽~い気持ちでアタックしてみることに

しかしこれが以外や以外の大当たり☆

ええとこめっけてしもたがなぁ(。-∀-)ニヒ♪



初回調査にて確実に魚影を確認

2回目では生息範囲と周辺状況を確認

う~ん、まだ2回の調査とはいえ新規ポイントのポテンシャルきわめて高し

さらには尺メバルの可能性、この上なく特大

そしていよいよ3回目の調査、そろそろ本腰いれてぇのぉデッカイのんブッコ抜いたろかいっ!と、気合い十二分なマジアタックとなりました





週末土曜日

PM6時過ぎ

大阪メバ狂コンビのヒロさん&福田クンと合流し、僕が先行でポイントへ車を走らせる

ライトをONし細い1本道をすり抜ける

僕は度々通っている道なのでぇ、難なくスルリと現場へ到着

初めての福田クンはさすがに苦戦しているよぉで、まだだいぶ後方にいる様子

遅いなぁ、タックルセットでもして待っとくかぁ(笑 

そぉ思い、車から降り荷台のドアを開けようとしたそのとき、茂みからなにやら物音が・・・



「ペキ ペキ パキパキ」


んん???


「パキパキ ガサガサ」


なんやぁ?

タヌキでもおるんかぁ?


「ベキベキベキ! バキバキ!! ガサガサッ!バキバキバキッ!!!」


えっ?えっ?えっ?

なに?なに?なんや?(゚Д゚;)!!


「バキッ!ベキベキベキ!!ザザザザザッ!!!」

c0218892_1662596.jpg


えっ・・・

K・U・M・A ??? ( ゚Д゚)y \_ ポロッ

エエエエエエエエエエ━━━━━━━━(# ゚Д゚)━━━━━━━━エエエエエッッッッッ!!!!!

黒々とした毛並みと、動物園で見たことあるその容姿

それはまぎれもなく熊と呼ばれる獣

しかもヤツとの距離3メートルほど、当然檻には入っていない

サ~~~っと血の気がひいてくのが自分でわかる

もぉなにがなんだか、どぉしてええのか、ただ立ち尽くすだけの僕

次の瞬間、その黒い獣は反対側の藪へと猛烈な勢いで走り出し、山の中へと消えて行った

ぶはぁ~(;゚Д゚;) 

は~ は~ は~(;=д=;)

ほんの数秒であろうその出来事、僕にはとてつもなく長く感じた



ちょうどそこへ到着した福田号、彼もその状況を車内から見ていた

今からこの場所で釣りするの?そりゃもぉ3人のテンションは一気にどん底(汗

しかし遠征組のお2人、このまま帰るわけにも・・・

で・・・予定通りアタックすることに(汗



しかし、釣りに集中できるわけがない

意識はリーリングする手よりアタリを感じるロッドティップより背後の藪

動揺が尾をひく僕ぁキャストすらままならず・・・

完全に地に足がついてないよな感覚・・・

明らかな魚の反応にも対処を怠り続け・・・

釣り人生ワースト釣行といえるほどの散々な結果となりました(-公-、)



もぉ2度とここには近づくまい、とぉこの日は心に誓いましたがぁ・・・

チリ~ン♪チリ~ン♪チリリ~ン♪

その後の懲りない面々、熊鈴必携にてさらに通い続けております(≧∀≦*)アハハ

c0218892_17106100.jpg


c0218892_17123073.jpg


そやけど、今になって考えるとフライフッシングもやっぱヤバイですねぇ(-ω-;)

散々山奥へ分け入ってて、熊と遭遇しなかったのが奇跡やったんかもしれません(汗

でもまさかメバリングで、こんな場所でこんなかたちで出合ってしまうとは・・・

今回の貴重な体験、今後の釣りの十分すぎる糧にはなりました

人のいない釣り場へは、熊鈴&携帯オーディオが必需品かもしれませんね

くれぐれも怪しい物音には気をつけましょう( *´艸`)
[PR]
by tomota115 | 2011-06-11 17:44 | メバリング | Comments(2)